相続のことなら税理士に格安相談 - 相続のときに頼れる税理士さんとは

HOME » 相続で税理士を頼る » 相続のことなら税理士に格安相談

相続のことなら税理士に格安相談

税理士

相続のことで相談したいと思っている方は、税理士に相談してみてください。
近年は格安で相談できるところも多くなっていて、初回の相談だけなら無料で対応してくれているところも多々あります。
相続の手続きなどは煩雑なものも多く、手間や面倒がかかります。
1つずつ理解していけばわからないことはありませんが、それでもやはりやらなくてはならないことが多く、パニックになってしまうこともあるでしょう。
国が決めていることですが、一般の方が行うには無理があるものも多いです。
そのため、この手の相続に関しては専門家に相談するのが一番なのではないでしょうか。
専門家とは言っても、税理士の他にも司法書士や行政書士、弁護士がいます。
それぞれが得意としていることは違ってくるので、そこも見極めて使っていくべきです。

それでは税理士は何をやってくれているのかについて説明します。
税理士に関しては、主に税金の申告や納税をサポートしてくれる役割を持っています。
実際に相続が必要となった時、普通の方でも申告と納税が必要となる場合があります。
日本では、3,600万円を超える場合、申告と納税が必要となるので気を付けましょう。
「それなら大丈夫だ」と思っている方もいますが、相続の対象となるのは貯金や預金などの現金だけではありません。
住宅はもちろん、土地や車、その他の不動産を含みます。
さらには、株式や公社債、有価証券などもありますし、近年であれば電子マネーなどもあるかもしれません。
そうなった時、意外にも3,600万円というのを超えてくることもあるのです。
もちろん、その申告や納税が必要で、国ではその期間を10か月と定めています。
これらの手続きを代行してくれて、税金の計算から節約まで対応してくれるのが税理士です。

なお、逆に借金やローンなどが残っていて相続したくない場合は、相続放棄が必要です。
相続放棄に関しては、3か月と期限が決められています。
また、被相続人が亡くなった後は、その被相続人の所得税の計算などを行い、申告と納税する義務もあります。
そちらの期限は4か月となっているため、時間的にもやることは沢山あります。
それをすべて一般の方が行うというのは、さすがに厳しいかもしれません。
場合によっては専門家に頼んだ方が良いことも多いので、色々と頼んでみてください。
どんな些細なことでも良いので、相談するだけでもやはり気分が晴れますし、悩みも少なくなっていくでしょう。

相続で税理士を頼る | 10月28日更新