税理士には不動産の相続を頼める? - 相続のときに頼れる税理士さんとは

HOME » 相続で税理士を頼る » 税理士には不動産の相続を頼める?

税理士には不動産の相続を頼める?

相続財産は故人の持ち物すべてが対象になりますので、不動産が入っている場合もあります。
このときの相続はやや特殊な手続きになりますが、税理士さんにその対応をお願いできるでしょうか?

これは相続に詳しくて、さらに不動産にも対応している税理士さんならお願いできます。
その不動産を含めて相続財産を正確に計算し、そこにかかる相続税を計算して申告してくれます。
これができるのは、不動産と相続税の両方に詳しい税理士さんです。
それ以外の方には、ここまでの対応はお願いできない場合もあります。
その理由は、もともと相続税自体が少し特殊な税金になる上に、そこに不動産が絡むとますます複雑になるからです。

相続税は仕組みが複雑な上に、毎年誰もが課税されるものではありませんから、税理士さんの中でも対応が分かれる税金です。
その上でさらに不動産があると、まずこれをちゃんと評価できないといけません。
相続税は相続財産の総額に課税されますが、不動産もこのときの相続財産に加えます。

不動産は現金のようにいくらとハッキリ計算できませんから、一度その不動産の価値を現金価格に直し、それをその他財産と合計して、税金を計算するんです。
一般個人だとまず対応が難しいところですから、ここは専門家に頼りたいですよね。
税理士さんは専門違いかと思えますが、相続を専門にしている税理士さんなら、相続財産の不動産の評価まで対応できる場合があります。
その物件や土地などは現金にしていくらと、税理士さんの方で計算してくれますから、個人で価値を評価できなくてもよくなります。
そして残りの相続税の手続き、つまり相続財産の総額から相続税を計算し、それを税務署に申告するところまでやってくれますよ。

相続と不動産に詳しい税理士さんなら、このようにたくさんのことをお願いできます。
ただ、相続には詳しくても、不動産にはあまり対応できない場合は、不動産の評価だけは別の専門家への依頼をお願いされることもあります。
ここの対応は税理士さん次第となりますから、事前によく確認するといいです。

相続で税理士を頼る | 07月10日更新