贈与税とは - 相続のときに頼れる税理士さんとは

HOME » 相続で税理士を頼る » 贈与税とは

贈与税とは

贈与税とは、誰かに何かをあげたときにかかる税金のことですね。
もちろんどんなときにも課税されるのではなく、相続税などと同じように、税金がかからない金額があります。
その範囲なら非課税になるため、あまり知られていないこともある税金です。

ただし、高額な資産や現金を誰かにあげると、この税金がかかります。
たとえば親御さんがお子さんに一定額以上のお小遣いをあげると、贈与税の対象になります。
これは赤の他人同士でも同じで、一定額以上の財産を移行したら、贈与税の対象です。
その基本的な基準額は、年間110万円です。
これを超える財産を一年間のうちに同じ人へあげると、その超えた金額分には税金がかかります。

この贈与や、そこにかかる税金は、相続や相続税に近いものがあります。
相続時のトラブル回避や、相続税対策のため、事前に贈与を考えるケースも多く、結局は相続と同じような形で財産が動くことになるからですね。
これを生前贈与といいますが、これをやると相続や相続税の心配がなくなる代わりに、今度は贈与税のことを考えないといけません。
そもそも贈与税という仕組みやその税率自体が、相続税逃れへの対策のためという一面もあるため、意味合い的には相続税に近いものがあります。

ですから、生前に贈与さえすれば相続税がかからず、結果的に税金が一切かからないとは言えないんですね。
相続税回避のための贈与で多額の贈与税がかかる場合、相続税よりむしろ損をする場合もあります。

贈与も上手にやれば贈与税も回避できるのですが、うまくやれなかった場合、贈与によって動かした財産も、事実上の相続だと判断され、相続財産に含められる場合があります。
すると、相続税も贈与税もどちらも回避するためにやってきたのに、結局はその贈与財産にも相続税がかかる結果になるわけです。
このようなケースも実際には多いため、相続や相続税のことを考えるときは、あわせて贈与や贈与税のこともチェックしておくといいんです。

相続で税理士を頼る | 07月10日更新