相続税とは - 相続のときに頼れる税理士さんとは

HOME » 相続で税理士を頼る » 相続税とは

相続税とは

相続税とは、どんな税金でしょうか?
名前だけは聞いたことがあるかもしれませんが、実際にこれを経験した人はあまりいないかもしれませんね。
これは相続財産に課税される税金のことです。

相続財産とは、身内で誰かが亡くなったとき、その人から引き継ぐ財産のこと。
たとえば現金、不動産、株式など、持ち主がいなくなった故人の資産は、相続人が所有権を引き継ぎます。
相続人となるのは、基本的には戸籍上の関係のある親族の誰かです。
配偶者や子供など、故人と近い関係にあった人ほど、優先的に相続人となります。
相続とはこのようなもので、誰かが急に亡くなったとき、故人に近い親族の人は遺産を受け取るわけですが、その遺産に課税されるのが相続税というわけです。

具体的にどれだけの税金がかかるのでしょうか?
とても重い税金だとのイメージがあるかもしれません。
それは一部本当で、他の税金に比べると税率が少し高いときもあるんですが、相続をするすべての方に重い税金を課せられるわけではないんです。
確定申告をやったことがある人は、実際の所得のすべてに課税はされないことをよくご存じですよね。
相続税も同じで、相続財産のすべてに税金がかかるわけではないんです。
基礎控除という非課税金額があり、それは3000万円という高い金額に設定されています。
さらに相続人1人につき600万円という枠も、基礎控除へ加わります。

相続税の計算をするときは、まず相続財産の総額からこの基礎控除の総額を引くんです。
相続人が4人いれば、3000万円と2400万円を足して、合計で5400万円が基礎控除になります。
相続財産が1億円あれば、課税金額は単純計算で4600万円です。
この課税金額の一部に税金がかかります。
相続財産のすべてには課税されないんですね。

もし遺産の総額がこの基礎控除を下回るなら、相続税はかかりません。
何もしなくても自動的に非課税となり、一切の納税が必要ないんです。
相続税とはこのような仕組みの税金です。
まったくかからないこともありますが、相続には税金がかかる点は覚えておくといいですよ。

相続で税理士を頼る | 07月10日更新