相続のことで税理士に相談できること - 相続のときに頼れる税理士さんとは

HOME » 相続で税理士を頼る » 相続のことで税理士に相談できること

相続のことで税理士に相談できること

相続税や相続対策などのことで、税理士さんに相談することも多いですけど、具体的にどんなことを相談できるんでしょうか?
一番スタンダードなのは、相続税関係のことです。
たとえば今相続が起きたとして、遺族に相続税がかかるのか、かかるとしたら具体的にいくらかといった相談ができます。

それらを受けて、できるだけ相続税を抑えられるような相続の対策も相談できます。
個人的な対策では税務署に認めてもらえないこともありますから、そのようなトラブルが起きないような対策も教えてもらえます。
たとえば確実に贈与ができるように、契約書付きで贈与を行ったり、相続人が普段自分で使っている銀行口座を使って贈与をしたりといった対策です。

また、それら相続税の予想から、誰に何を相続させるかといったプランについての相談ができることもあります。
特定の相続人にだけ税金の負担が重くならないように、税理士さんと相談しながらプランを立てると、遺族の負担が軽くなりますし、相続トラブルなども起きにくくなります。
このように相続に関係するいろいろなことを相談できます。
すでに相続が起きて申告が必要になったとき、その手続きのお願いもできますから、ぜひ利用するといいです。

このように相続関係のことなら多くの相談に応じられますが、では応じられないことはなんでしょうか?
これは各税理士さんの対応にもよるのですが、基本的にこの職業の専門から外れると、相談にも応じられないことが出てきます。

たとえば相続にあたっての遺族間トラブルです。
誰が何をどれだけ相続するかで、遺族間でトラブルが起きるのは、相続には付き物です。
これを解決するために専門家へ相談するケースも多いですが、その相手はほとんどの場合で弁護士となります。
感情的に対立している人たちの間に立って、これを解決するのがこの専門家の本業ですからね。

このような対応は、税理士の方では難しいことが多いです。
また、税務関係以外の書類の作成といったことも難しいですから、基本的には相続にあたって発生する税金関係のことを相談できるのだと思っておくといいですよ。

税理士には会社設立や確定申告など相続以外にも相談できます。
合同会社設立や株式会社設立を考えている人や、起業したい人はそれにつよい税理士に相談するようにしましょう。

相続で税理士を頼る | 07月10日更新