税理士に相続の相談をした体験談 - 相続のときに頼れる税理士さんとは

HOME » 相続で税理士を頼る » 税理士に相続の相談をした体験談

税理士に相続の相談をした体験談

私の体験談では、相続があったときは本当に税理士さんにお世話になりました。
依頼してよかったと思っています。
亡くなったのは以前に会社の社長をしていた父で、資産家でもあったんです。
相続税はまずかかるだろうとのことで、遺産分割のプランを母と兄とで決めた後、すぐに税理士さんへと相談しました。

相談する方は父が母に伝えていたようで、懇意にしていた方だったようです。
そのおかげか、話はとんとん拍子で進みました。
その税理士さんの方で父の資産状態はある程度把握していたようですし、このたび改めて資産の目録もお見せしましたので、あとはこちらで計算させていただきますとのことでした。

その結果、私と兄とには相続税がかかることになりましたが、父の配偶者である母は特例のおかげで、相続税がかからなかったようです。
また、これはあとで税理士さんに伺った話ですが、相続税が少なくなるように、父は生前から税理士さんと相談の上、準備していたらしいんです。
私と兄は10年近く前から、毎年年末に100万円ほどお小遣いをもらっていました。
すでにどちらも大人として独り立ちしてるのにいいよと言っていたんですが、父は聞きません。
その意味は、どうやらこの相続税対策でもあったようです。
100万円までなら税金がかからないらしく、こうやって少しずつ父から私たちへとお金を動かしていき、節税してたらしいんですね。

私も兄もかれこれ10年近くこれを受けていましたから、もしこれをやっていなかったら、相続財産は2000万円以上増えており、相続税ももっとかかっていただろうと言われたんです。
実際にはここ2〜3年近くの贈与は相続財産へ合算した方が、あとで税務署から調査を受けにくいと言われ、それは気にせずそうしたんですが、それでもだいぶ相続財産は抑えられたんだと思います。

生前の父も、相続にあたって私たちも、税理士さんには大変お世話になりました。
税金も抑えられたし、手続きの手間はなかったし、依頼してよかったと思います。
知り合いからも似たような体験談を聞いたことがありましたし、相続にあたっては税理士さんへ相談するのがいいと思います。

相続で税理士を頼る | 07月10日更新