相続を相談する税理士の選び方 - 相続のときに頼れる税理士さんとは

HOME » 相続で税理士を頼る » 相続を相談する税理士の選び方

相続を相談する税理士の選び方

相続の対応や対策ができる税理士さんは、選び方にコツがあります。
実際にインターネットで探してみると本当にたくさんの事務所が見つかりますが、これらの中で相続関係のお願いに強いのは、一部に限られることが多いです。
その専門の方を探して、そちらへ依頼するのが基本の選び方です。

その理由は、相続関係は相談数が少ないため、専門的にやっている方と、あまり対応しない方とに分かれやすい分野だからです。
この問題が起きるのは、身内で亡くなった人が出た時だけですよね。
それ以外のときに相続が起きることはないため、一人の人が経験する相続も、5〜10年に1度あるかないかといった頻度になることも多いです。

つまり相続税に関する相談が寄せられることも少ないため、これを専門に扱っている税理士さんと、そうでない方とでは、対応に差が出やすいんですね。
もちろん経験がなかったとしても税理士さんならある程度の対応はできるものの、相続税は仕組みが複雑ですから、これを普段から専門的に扱っている方に頼んだ方がより確実です。
特に相続税を問題なく申告するだけでなく、なるべく税額を抑えたいといった節税の相談もある場合は、相続を専門にしている税理士さんを選びたいところです。

そのような方を見つける方法としては、まずインターネットでの検索がオススメです。
それぞれの税理士さんのサイトが見つかりますから、そこで対応できる内容をチェックしてください。
相続に強い税理士さんなら、それはPRポイントとして強調されていることが多いですよ。
そのような方へ相談すれば、相続関係のいろいろなことに対応してもらえます。

また、HPの記載のほか、実際に会ったときに相続関係をこれまで扱った件数などを聞いてみるのもオススメです。
相続は依頼数自体がほかの分野より少ないため、年間20件程度でも多い方だと言われています。
毎年一定のペースでこの分野を担当している方なら、対応も安心です。
このように相続関係の相談をする税理士さんの選び方は、これを専門にしており、経験も豊富な方を選ぶのがコツです。

相続で税理士を頼る | 07月10日更新